今からでも遅くない!ツイッター使い方まとめ。

スポンサーリンク

9b797bc7692226c3e854f70ada155094_0

ツイッターって、登録するのは簡単ですが、登録してからどうすればいいのかいまいちよくわかりませんよね。

画面上にたくさんの情報があって、どこをどうすればいいのかわからないという人も多いと思います。そこで、ツイッターの使い方をまとめてみました。

基本的な使い方

まずはツイッターにログインしてみましょう。ログインすると、いろいろな人のツイートが表示されているかと思います。パソコンならその左側、スマートフォンなら下側に「ツイート」というボタンがあるでしょう。その近くに文字を入力するところがあるので、そこに何かしら打ち込んでみます。

そしてツイートボタンを押せばツイートが完了です。

ツイートを見てみる

今度は人のツイートを見てみましょう。人のツイートがたくさん流れてくるところがタイムラインというものです。あるひとつのツイートをクリック(タップ)してみると、「○○さんへの返信」という文字が出てきます。

そこに文字を打ち込めば返信ができるということです。返信のことを「リプライ(略してリプ)」と言います。文字を打ち込むところの上に、4つのアイコンが並んでいるでしょう。左から「返信」「リツイート」「いいね」「その他」となっています。

「返信」は先ほどと同じ、返信をするためのアイコンです。「リツイート」というボタンを押すと、そのツイートを自分のフォロワーに向けて拡散することができます。「いいね」というのは、ただ単にそのツイートが気に入ったという意思表示をするものです。

プロフィールを設定

次にプロフィールを変更してみましょう。画面右上の人型マークをクリックしてください。そうするとユーザー情報という画面になります。そこでユーザー名などを編集できます。その画面の左のメニューにプロフィールという項目があるのでクリックしましょう。

そうすると、プロフィール画像・名前・位置情報・URL・自己紹介という項目が出てきます。名前は自分のハンドルネームです。好きな名前を入れましょう。位置情報については自分の住んでいる都道府県を入れれば良いですが、任意です。

URLはホームページやブログなどがある場合、そのURLを入れられます。自己紹介に関しては、何が好きかなどを書いておくとフォローされやすくなるので書いておきましょう。プロフィール画像は「参照」から好きな画像を選んでアップロードすることができます。

便利な使い方

少し便利な応用的な使い方を紹介します。ツイッターにはリストと呼ばれる機能があります。これは、リストに追加した人のツイートのみを表示することができる機能です。そのほかにも、リスト内で交流を図れるなどのメリットがあります。

リストに追加したい人のプロフィールを開いてください。右上にあるリストというボタンをクリックして、リスト名・説明・公開設定などを入力したら、リストを作成することができます。そうしてどんどんリスト追加していきましょう。

スポンサーリンク