ヤフオクの始め方と入札方法、出品方法。そして注意点

スポンサーリンク

unnamed (3)

オークションサイトとしてはかなりの老舗であるヤフオクですが、利用したことがない人にとってはよくわからないものですよね。

そんな人のために、ヤフオクのはじめ方などについてまとめてみました。

はじめ方と利用料

ヤフオクは比較的ハードルの低いオークションサイトです。15歳以上で日本語を理解できる人であれば誰でも参加することができます。ヤフーIDさえ作れば今すぐにでもはじめることができますよ。

ヤフーIDですが、Yahoo Japanにアクセスすると、右上に「新規登録」という表示があるので、それをクリックすると作成することができます。あとは画面の指示に従っていろいろと入力するだけです。IDは5分もあれば作成できるので、ちゃちゃっと作成しちゃいましょう。

また、ヤフオクは基本的に手数料などは発生しません。ただ、売る側に回ると月額410円の会費が必要になります。

入札方法

ヤフオクの入札方法は、自動入札方式と呼ばれるものになっています。そのオークションに対して出せる最高金額を入力しておけば、あとはその価格と現在の入札状況に応じて、システムが勝手に最高入札額まで競り合ってくれるというわけです。

例えば、100円スタートのオークションで1000円までなら出せると入力しているとどうなるのか。いきなり1000円に上がるわけではなく、ほかの人が200円と入札すれば300円入札してくれる・・・というようなものです。

出品方法

出品をするには、出品者として登録しておく必要があります。先ほど410円の月額会費が必要と述べましたが、それはこのためですね。Yahoo!プレミアムという有料会員サービスがあるのですが、その会費です。

出品者登録を済ませたら、ヤフオクのページにアクセスしましょう。そこで「出品する」というメニューを選択すると、カテゴリを選択する画面になります。自分が出品しようとしている商品のカテゴリを選び、「このカテゴリで出品」をクリックしましょう。

出品画面になると、注意事項が表示されるので「開く」を押して先に進みます。タイトルと説明文・反米形式・開始価格と即決価格を入力して、画像を選択。発送方法を選んで、確認画面へをクリックします。

確認画面で確認を終えたら、出品ボタンをクリック。これで出品が完了です。

注意点

購入者として利用する場合、商品の説明欄をよく見ずに質問欄に書き込みをしてしまいがちになります。質問をする前に、一度説明欄をじっくりと見て、質問内容について記載がないかを調べましょう。

また、入金連絡をしない人もいるので、気をつけましょう。これは「入金を確認しました」という連絡ですね。これがないと入札者は不安になってしまいます。

出品者側として利用する場合は、入金されたら入金連絡をするようにしましょう。また、配送したときなど細かく報告をするようにだけ注意してヤフオクを利用するようにすると、円滑な取引になりますよ。

スポンサーリンク