アベノミクスって何なのさ?新3本の矢って?

スポンサーリンク

abe

安倍政権がしきりに主張している「アベノミクス」ですが、その意味や内容についてよくわかっていないという人も多いのではないでしょうか。新3本の矢というのが出てきましたが、それはなにか、そもそもアベノミクスとは何かについて簡単に説明します。

アベノミクスってそもそも何?

アベノミクスの旧3本の矢

新3本の矢が出てくるまで、アベノミクスの基盤となっていた旧3本の矢。「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「投資を喚起する成長戦略」を行うというのが3本の矢と呼ばれるものでした。ここから日本経済を良くしていこうというのが、アベノミクス。

第1、第2の矢にはあまり人々は期待しておらず、3本目の矢である成長戦略に期待していました。アベノミクスの甲斐あってか、安部政権発足後は株価が2倍超になるなど企業の業績もかなり回復してきています。

新3本の矢とは?

2015年9月の自民党総裁再選をしたあとの記者会見で、アベノミクスは第2ステージに突入したという前置きをし、阿部政権は新3本の矢を打ち出しました。この新3本の矢というのは「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」の3本です。

「希望を生み出す強い経済」については、2020年ごろには名目GDPを600兆円にするという目標が掲げられています。「夢を紡ぐ子育て支援」については、希望出生率1.8を2020年代の初頭には実現しようというものです。

そして3本目の矢である「安心につながる社会保障」というのは、2020年代の中ごろには、介護に従事している人たちの離職をゼロにするというものです。高齢化社会である日本で、介護の現場の人手不足と離職率の高さが叫ばれていますからね。

このような目標を掲げられた新3本の矢ですが、まだまだ旧3本の矢の総括が完了したとは言えません。そんな中での新3本の矢。しかもデフレ脱却はもう完了したかのような方向性の違う目標・・・。もともとアベノミクスというのはデフレ脱却を掲げていたもの。

だからこそ、現在さまざまな人たちの間で新3本の矢とアベノミクスについて議論が飛び交っているのです。

スポンサーリンク