apple idの作り方、変更方法、忘れた場合の対処方法まとめ

スポンサーリンク

apple-empires-true-character-title

Apple Storeで買い物をするときや、アプリ・音楽購入・データのバックアップなどさまざまなことに役立つApple ID。でも、その作り方や変更方法などを知らなければ意味がありません。そこで、作り方から忘れたときの対処法まで、まとめてみました。

Apple IDを作ろう

Apple IDを取得するには、まずApp Store二アクセスしましょう。そこで「検索」をタップします。何か欲しいアプリを適当に検索して、欲しいアプリの画面を表示させてください。そこで「入手」をタップします。

インストールを押すと、「サインイン」という画面になるので、「Apple IDを新規登録」を押しましょう。日本が選択されていることを確認して「次へ」をタップし、同意するをタップします。またまた同意書が出てくるので「同意」をタップ。

メールアドレスとパスワード・各種質問・必要事項を入力して「次へ」をタップします。請求先情報を入力するというのは、飛ばすことができますよ。登録しない場合には「なし」を選びましょう。ただ、基本的には登録しておくものです。

次に、名前や住所を入力sます。すべて入力し終えたら「次へ」をタップします。「アカウントを確認」という画面が表示されたら「終了」を押しましょう。そうしたら、確認メールが届くので「今すぐ確認」を押してください。

そこでID(メールアドレス)とパスワードを入力して「確認」をタップ。「ありがとうございました」という画面が表示されたらIDの取得が完了しました。

変更するには?

Apple IDを使っているデバイスにて、Apple IDのアカウントページにサインしましょう。App Storeなどからサインインできます。サインインしたら、「アカウント」というメニューで「編集」→「メールアドレスを編集」を押していきましょう。

今後Apple IDとして使っていきたいメールアドレスを入力したら、そのメールアドレスに確認コードが届きます。そこに記載されているコードを入力して、変更完了です。

忘れちゃった! そんなときに

アカウントページにアクセスして「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」を押しましょう。苗字と名前を入力して、メールアドレス・電話番号で検索するオプションというのを選択したら忘れたID・パスワードを確認することができますよ。

スポンサーリンク