excelを無料で使うには

スポンサーリンク

excel2013

Excelを使う機会というのは、ビジネスマンでなくても多いですよね。

学生でも、最近では主婦でも家計簿などでExcelなどの表計算ソフトを使う人が増えてきました。

そんなExcelですが、個別で買うと高いですよね。

Excelを無料で使うというよりは、Excelと互換性のある無料ソフトを使うということで、ソフトについて紹介します。

まずはエクセルについて、無料でダウンロードはできるのか

使えるかどうかは別として、エクセルはマイクロソフトのHPより無料でダウンロードすることができます。しかし、ソフト自体はダウンロードできても「シリアルキー」がなければ利用することはできません。ですので、意味はないです。

ただ、「Excel Viewer」というソフトが存在し、エクセルをインストールしていなくとも、表示したり、印刷したり、コピーしたりすることは可能です。こちらもマイクロソフトの公式ページよりダウンロードすることができます。

Open Office Calcを使おう

Excelと互換性があって便利なソフトといえば、Open Office Calcがおすすめです。Excelと互換性のある表計算ソフトで、インターネットから無料でダウンロードすることができます。基本的にWordと同じような機能があって、不便ということはないでしょう。

共通点も多いですが、微妙に共通していないところも多いので、Excelを使っていたという人は少し戸惑うこともあるかもしれません。それについては次の項目で説明します。

Excelとの違い、戸惑う部分

まず日常的に使うことがある「1セルだけを選択する」という操作にちょっとした違いがあります。Excelだと選択範囲とアクティブセルというのは切っても切り離せないものです。Calcではそれを引き離すことができます。

Excelだと、セルを一回クリックすると、そのセルだけが選択されてアクティブセルになりますよね。Calcだと、一回クリックしただけだと「アクティブセル」になっただけで、そのセルは選択範囲には含まれていないんです。

1セルだけを選択範囲に入れる場合は、Shiftキーを押しながらもう一度クリックしなければなりません。そこに戸惑う人が多いです。

操作まとめ

・ExcelでのDeleteキーの役割・・・CalcではBack Spaceキーに割り当て
・Excelでは数字や記号を半角に変換してくれる・・・Calcは記号は変換してくれない

よく戸惑う人が多い違いといえば、上記のものですね。ほかにも細かい部分にちょっとした違いがあるのですが、ソフトをフル活用している人でない限りは問題ないでしょう。これらの違いに注意して使うようにするといいですね。

スポンサーリンク