新生銀行の特徴、サービスに関して

スポンサーリンク

sinnseiginnkou

新生銀行は、2000年に日本長期信用銀行から行名が変更され、現在の形での営業を開始した銀行です。

過去に一時国有化された経緯もありますが、現在は銀行としての健全性は高く、安心して利用することができます。Tポイントが貯まるサービスもありますので、ぜひチェックしておきましょう。

新生銀行のサービス

ATMについて

新生銀行のメリットとして、コンビニATMの手数料無料があります。店舗の数が少ないというデメリットを、コンビニATMが十分に補っています。
セブン銀行や、ローソンATM、またイーネットでの入出金が24時間無料となります。
また、ゆうちょ銀行や、大手メガバンクの銀行も、時間内であれば利用することが可能です。

口座開設について

口座開設は、申込書と確認書類などを郵送で送付して申込を行います。
手続きはインターネットのホームページから行い、申込書はプリンターで印刷したものを利用することもできます。
また、スマートフォンを持っていれば、専用アプリを使って本人確認書類をアップロードして提出することもできます。
アプリを利用した場合は、最短1週間で手続きが完了します。

Tポイントについて

新生銀行の特徴のひとつが、利用状況によってTポイントが貯まるサービスです。
Tポイントは、ファミリーマートやYahoo!Japan関連の利用時にも使えるため、利用価値は高くなります。
単に口座開設時のキャンペーンがある時だけのサービスではなく、普段の利用でもTポイントが貯まります。
例えば、イーネットATMの利用や、振込入金があった時、また自動引落口座として登録した時などにTポイントが貯まります。

ログインについて

新生銀行のインターネットバンキングは「パワーダイレクト」といいます。つまり、ネットからのログイン先は「パワーダイレクト」にアクセスすれば良いわけです。

:新生銀行パワーダイレクト ログイン先
http://www.shinseibank.com/powerflex/direct/

ログインに必要なのは「キャッシュカード」「暗証番号通知書」「セキュリティカード」となります。キャッシュカードはログインに必要な「店番号、口座番号」が記載されているため。暗証番号通知書はログインに必要な「暗証番号」が記載されているため。「セキュリティカード」はログインに必要な英数字表が記載されているために必要です。

まとめ

新生銀行は、店舗数は少ないですが、ネットバンキングや提携ATMなど、サービス内容は充実している銀行です。
特に、コンビニATMの手数料が終日無料であることが、大変使いやすいと言えます。
また、普段からTポイントに関連するサービスをよく使う方であれば、さらに魅力的となります。

スポンサーリンク