知的障害の特徴って?

スポンサーリンク

chi-sho

知的障害というのは、発達期に起こる障害で、脳の知能がなかなか発達せず、知的行動に支障が発生してしまう障害です。ただ、そう言ってもピンとこない人がほとんどでしょう。そこで、知的障害について簡単に説明します。

知的障害には度合いがある

まず、知的障害には度合いがあります。重度・中度・軽度というもので、それぞれIQと呼ばれる知能指数によって判断されています。その度合いをはかる計算式があるので紹介しましょう。

・精神年齢(発達年齢)÷生活年齢(実年齢)×100

よくわからない曖昧な式ですが、この式によって知的障害の度合いは分類されています。精神年齢と実年齢の比率というのを算出。50から70%は軽度、35%から50%が重度、20%から35%は重度、20%以下は最重度となっています。

ただ、70から85%は「ボーダーライン」と呼ばれており、知的障害だと認定されない場合がほとんどになっています。軽度の知的障害は、障害があるということもわかりにくいので、なおさらのことですね。

それぞれ度合いごとの特徴

軽度の知的障害は、日常的な行動には何も支障がありません。ただ、言語の発達がかなりスローペースになっています。18歳以上であっても、小学5年生から6年生あたりの学力に止まっているという場合が多く、ただ要領が悪い・頭が悪いだけとみなされてしまうことが多いです。

中度の知的障害の特徴としては、言語発達・運動能力の発達の遅れが目だってくることが挙げられます。身の回りの自分の世話をきっちり自分で全てやってしまうということも難しいですが、日常会話・集団行動は、成長するにつれて少しずつできるようになります。

単純作業であれば他の人よりもうまくこなすことができるというのも特徴です。

重度の知的障害は、ひらがなの読み書き程度の学力しかありません。日常会話は、簡単な受け答え程度です。身の回りの世話を自分で行うことができず、看護や解除が必須になります。

最重度の知的障害は、言語が発達することがありません。叫び声を挙げる程度しかできないというのがほとんどの場合です。身の回りの処理というのは、全くできません。寝たきりになり、親を認識することさえも出来ないことが多いというのが特徴です。

まとめ

知的障害は、人間としての大切な機能の発達が遅れる・できない障害ということですね。

スポンサーリンク