ドコモ・au・SoftBankのスマホ料金比較

スポンサーリンク

spryoukin-top

大手通信会社といわれている「ドコモ・au・ソフトバンク」三社のスマホ料金。スマホを購入しようと考えている人には、気になりますよね。キャリアでどれほど違いが出るのか、見てみましょう。

1ヶ月2GBまで使用する場合は?

1ヶ月に2GBまで使うのだという場合、通話し放題のプランを比較してみましょう。まず、ドコモの2GBプランです。合計金額は7,020円で、その中には2,916円の基本料324円のインターネット接続料金・3,780円のデータ通信量が含まれています。

この場合は、三社ともに違いがありません。すべて同じです。通話した分だけ支払うという場合は、ドコモだと3GBプランになります。auとSoftBankに同じようなプランはなく、比較ができません。

1ヶ月7GBまで使用する場合は?

1ヶ月に7GBまで使用するのだという場合、まずは通話し放題のプランを比較してみましょう。ドコモでは5GBプランで2GB追加することになり、auは8GBプラン、SoftBankはドコモと同様のプランに入ることになります。

まず、ドコモとSoftBankの場合です。料金は同じで、合計金額10,800円。基本料が2,916円・インターネット接続料金が324円・データ通信量が5,400円で、追加分が2,160円になっています。

auだけが安くなっており、合計金額10,584円。データ通信量だけが違い、7,344円になっているのです。ただ、そこまで大きな違いはありませんね。

通話した分だけという場合は、それぞれ7GBプランに入ることになります。auとSoftBankについては同じで、ドコモだけ安くなっていますよ。auとSoftBankは合計金額7,488円。基本料が1,008円で、ネット接続料が324円、データ通信量が6,156円です。

ドコモは、基本料だけが安く、802円になっています。結果、合計金額は7,282円ですね。

格安SIMは?

無料通話無しが一般的で、月月の料金が安く、費用対効果が良いことでおなじみのSIM。ドコモとau回線を利用しているので、日本全国安定して使うことができます。そんなSIMですが、DMM mobileでは1GB プランが月1,360円加入可能です。

mineoだと、同様のプランが1,576円からで利用できます。これは一番安いプランですが、どのプランでも、格安SIMはDMM mobileのものが安定して安いですよ。

スポンサーリンク