ペイントの使い方とできること

スポンサーリンク

paint

Windowsのパソコンには、「アクセサリ」という便利ツールがいくつか入っています。その中に「ペイント」というお絵かきソフトがありますね。簡単なソフトですが、ペイントで出来ることをいくつかまとめてみました。

ペイントの使い方

まずは基本的な使い方です。スタートボタンをクリックしたら、「すべてのプログラム」にカーソルを合わせましょう。「アクセサリ」という項目を探してカーソルを合わせて「ペイント」をクリックすると、ペイントが起動されます。

白くなっているところがキャンバスで、上に表示されているのが、ツールがたくさん入っているリボンですね。カラーボックスが「色」の項目に表示されています。あとは図形・ツール・イメージなどという項目がありますね。

色1・色2というのがありますが、これの「1」が現在線を引くときに使われている色です。「2」は背景色であり、右クリックでは消しゴムの色になります。デフォルトでは「色1が黒」「色2が白」に設定されていますが、自由に変更することが可能です。

あとはツールを選んでお絵かきするだけですね。

画像を開いてサイズ変更できる

画像をアップロードしようと思ったら、「サイズが大きすぎてアップロードできない」と言われたことがあるという人もいるでしょう。そんなとき、ペイントで画像を開けばサイズ変更をすることができます。

写真を開くには、ホーム画面の横の「▽」というマークをクリックして「開く」をクリックしましょう。そうして開きたい画像を選択して、「開く」をクリックすれば画像が開かれます。

「サイズ変更」をクリックしたら、「パーセント」という表示形式にして小さくしていきましょう。縦横比はそのままにサイズだけ変更することができるので、とても楽ですよ。

キャプチャ

パソコン画面をコピーしてペイントに貼り付けることができます。ペイントを開いておいて、コピーしたい画面を表示させましょう。そうして「PrintScreen」を押すとコピーができます。何か動作があるわけではないのですが、不安がる必要は無いですよ。

なお、fnキーも同時押しする必要がある場合もあるので気をつけましょう。

ペイント画面に戻って、「貼り付け」をクリックすると、キャプチャ完了です。あまり機能がなさそうなイメージですが、意外とやれることが多くて、結構使えるソフトですよね。

スポンサーリンク